自律神経症状に悩む方へ

自律神経とは?
2つの機能があり、背骨から発信される交感神経と頭・仙骨から発信される副交感神経があります。交感神経は日中に活動している時により活動し、副交感神経は夜寝る時に活動しています。それぞれ心臓、血圧、発汗、内臓のバランスを常に保っています。

自律神経の症状
基本的には循環、消化、代謝、体温、生殖の機能を司っていますが。
高血圧、低血圧、不整脈、メニエール、めまい、ふらつき、喘息、過換気症候群、胃潰瘍、便秘・下痢、インポテンツ、頭痛、頭重、疲労感、目のケイレン、月経不全、歯ぎしり、顎関節症、いらいら、不眠、肩こり腰痛、耳鳴り等書ききれません。
生活リズムの乱れやストレス、薬、身体の歪みなどが相乗的に合わさり多彩な症状が現れてきます。

治るための落とし穴
上記よりも多くの症状はありますが、一つの症状ではなく多くの症状が合わさり多くの要因が関係しているため難解極まりないです。そして、治したいためにクリニックに行き、胃潰瘍の薬、関節痛の薬、睡眠薬、安定剤と多くの薬を飲み益々治らなくなり“自律神経失調症ですね”と言われます。薬は風邪さえ治すものはなく自律神経を治す薬はありません。
では、どうするか?

自律神経を改善するには

交感神経と副交感神経のバランスを保ってあげる事です。

具体的には

  1. 規則正しい生活をする
  2. バランスの取れた食事を行う
  3. 睡眠時間を確保する寝れないからと言って不安にならない)
  4. お風呂に入り神経の入れ替えを行う(サウナ・岩盤浴などおすすめ)
  5. 適度に運動をする
  6. 多くの趣味を作り友達と出かける
  7. 重要な事は気にしすぎない
    (気にすると気になってそれで頭がいっぱいになる)
  8. 薬に頼らない

自律神経の症状は簡単には改善しません。今までの病歴や生活状況、ストレスの具合等が合わさっているからです。
忍耐力が必要ですが諦めなければ快方に向かうと信じています。
一人で悩まずに皆で頑張りましょう。

皆様の健康のご参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. バンキーのイメージ

当院のご案内
INFORMATION

診療時間

午前 8:45~12:00
午後 15:00~20:00

土曜

午前 8:45~12:00
午後 14:00~18:00

ママさんの時間

12:00~15:00

詳しくはこちら

定休日

毎週日曜・祝日
水曜日は午前のみ診療
土曜日 臨時休業あり

お問い合わせ

営業日カレンダー
CALENDAR

臨時休業やピラティス教室などのスケジュールはこちらをご確認下さい。

PAGE TOP