アトピー性皮膚炎と整体

アトピー性皮膚炎とは
これまでアトピー性皮膚炎は一般的に乳幼児期から学童期にかけて発症し、ほとんどの子供は思春期を迎える頃には治まるといわれています。
しかし、子供の頃は「大人になったらアトピー性皮膚炎は自然に治る」と、言われていましたが治らないという方もみられます。就学前に重症の場合は、大人になっても慢性化するケースが多いようです。
病院に行き薬を使えばいつか治ると思うかもしれませんが、本当にそれで良いのでしょうか?
私は、薬を使わずに人の手で治す事の方が自然な事で大事な事だと心から思うからです。
アトピー体質とは、気管支喘息、鼻炎、湿疹、じんましんになりやすい体質の事を言います。体質が過敏になり刺激に反応しやすく、湿疹を起こしやすいのです。

なぜアトピーになるのか?
現代医学では、アレルギー性疾患が増加した原因は、まだよくわかっていませんが、食生活の変化、環境、大気汚染、精神的なストレス、母乳保育ではない、薬を使い過ぎている、などが関係していると言われています。
アレルギー疾患は文明と関係があり文明病ともいわれており、今後ますます増加すると考えられています。
整体的な見解は、排泄機能の低下によるものと考えています。
正常に排泄されず皮膚に溜まってしまいます。そして、行き場を失った毒素が皮膚の弱い部分から出ようとするために、肌に異常が起きてしまうと考えています。
それが重症だとアトピーとなり、軽症だとニキビ、吹き出物、湿疹、などの肌荒れ、後に下痢にもなります。
アトピーをはじめとする他のアレルギー反応も同じと考えています。

アトピーで皮膚に出ものは・身体の毒素なのです。

アトピーの方は、アレルギー体質でなおかつ皮膚の状態が生まれつきに弱い方で、いわゆる毒素を上手く排泄できずに皮膚から排泄している状態です。
対症療法としては、皮膚へのステロイドなどの塗り薬が一般的ですが原因の部分がそもそも皮膚にないので、ステロイドの長期化や副作用により悪化や難治性に移行してしま現状です

それが重症だとアトピーとなり、軽症だとニキビ、吹き出物、湿疹、などの肌荒れ、後に下痢にもなります。
アトピーをはじめとする他のアレルギー反応も同じと考えています。

アトピーの予防
悪化させないためには、日常生活での細かい注意が必要で、いつも乾いた木綿の肌着を着用するようにし、入浴時は刺激の弱い石鹸を使用してゴシゴシこすらないようにし常に保湿をしっかり行いましょう。乳児期にしっかり母乳で育てるのが重要です。

アトピーに対する整体
整体では皮膚ではなく内蔵や頭蓋に対してアプローチします。
「皮膚は内臓の鏡」です。
体が歪むのと同じく内臓の位置も歪みます。内臓にも定位置というのがあり位置がズレると機能も低下します。それによって毒素を排泄しにくくなり、弱い皮膚から排泄しようとし、アトピーや湿疹・吹き出物・肌荒れといった症状として表れます。便秘でアトピーの方は、肺の機能を上げる事で内臓全体の状態を良くしていきます。頭蓋の特徴に頭蓋骨全体が硬く、おでこが平らといった特徴が見受けられます。正常にステロイドホルモンなどが分泌が出来ない状態になります。頭蓋骨が柔らかくなるとホルモン分泌されアトピーが改善されやすくなると考えています。
アトピーの改善には根気が必要です。
一緒に頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

新しいブログ記事

カテゴリ

当院のご案内
INFORMATION

診療時間

午前 8:45~12:00
午後 15:00~20:00

土曜

午前 8:45~12:00
午後 14:00~18:00

ママさんの時間

12:00~15:00

詳しくはこちら

定休日

毎週日曜・祝日
水曜日は午前のみ診療
土曜日 臨時休業あり

お問い合わせ

営業日カレンダー
CALENDAR

臨時休業やピラティス教室などのスケジュールはこちらをご確認下さい。

PAGE TOP