続、ご年配の方に多い腕の骨折

◎なぜお年寄りの方は骨折してしまうのか?
年をとると骨粗鬆症(約1000万人いるといわれています)になりやすく、骨が弱くなり、転倒・しりもちをつくなど、ちょっとしたことでかんたんに骨折してしまいます。

◎骨折はどこに起こりやすい?
・脊椎(せきつい)圧迫(あっぱく)骨折(背中から腰にかけての背骨)
・橈(とう)骨(こつ)遠(えん)位端(いたん)骨折(手首の骨)
・上腕骨外科頚(じょうわんこつげかけい)骨折(肩の付け根)
・大腿骨(だいたいこつ)頚部(けいぶ)骨折(太ももの付け根)

◎どんな治療をするのか?
今回は、「上腕骨外科頸骨折」説明します。
転んで手をついたり、肩から落ちて骨折をしたということが多く見られます。

◎治療は? 整復 ~ 固定 ~ リハビリ
治療は、ずれた骨をまっすぐに戻して(整復といいます)ギプスやあて木などで固定をして、1~2週間すると痛みも和らいできます。患者さんの骨折の状態を見ながら、肩関節を動かすリハビリを行っていきます。
その方法は、三角巾をしたまま、肩の力を抜いて振り子の要領で、腕を前後させるようにします。慣れてくれば、肘で円を描くように動かしたりもします。
こうすることで、肩の周囲の筋肉が緊張することなくリハビリができるので、後の可動域を広げるリハビリに移行するときに有利になります。
骨折してからある程度肩の動きが獲得できるまで3~4か月かかります。しかし、骨折の状態やリハビリを開始する時期の早さなどによって、肩を動かすことができるようになるまでの時期を短くすることができます。

リハビリは毎日継続して行います。そうすることで一日でも早くケガする前の状態に近づくでしょう。

皆様の健康の一助になれれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. バンキーのイメージ

当院のご案内
INFORMATION

診療時間

午前 8:45~12:00
午後 15:00~20:00

土曜

午前 8:45~12:00
午後 14:00~18:00

ママさんの時間

12:00~15:00

詳しくはこちら

定休日

毎週日曜・祝日
水曜日は午前のみ診療
土曜日 臨時休業あり

お問い合わせ

営業日カレンダー
CALENDAR

臨時休業やピラティス教室などのスケジュールはこちらをご確認下さい。

PAGE TOP