アイシング処置

~「RICEの処置」~

スポーツの現場や日常生活でケガ人が出たとき、病院や診療所にかかるまでの間、損傷部位の障害を最小限にとどめるために行う応急処置方法を「RICEの処置」といいます。

外傷を受けた時などの緊急処置は、患部の腫脹、疼痛を防ぐことを目的に患肢や患部を『安静(Rest)』にし、氷で『冷却(Icing)』し、包帯やテーピングなどで『圧迫(Compression)』し、患肢を『挙上する(Elevation))ことが基本です。

R ・ I ・ C ・ E はこれらの頭文字をとったものであり、外傷の緊急処置の基本です。

1. Rest(安静)
損傷部位の腫れや血管・神経の損傷を防ぐことが目的です。
副子やテーピングにて損傷部位を固定します。

2. Ice(冷却)
疼痛、腫脹を抑えることが目的です。
ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて患部を冷却します。
約15~20分冷却したら休憩し、また痛みが出てきたら冷却します。
これを繰り返します(1~3日)。

3. Compression(圧迫)
患部の内出血や腫脹を防ぐことが目的です。スポンジやテーピングパッドを
腫脹が予想される部位に当て、テーピングや包帯で軽く圧迫し固定します。

4. Elevation(挙上)
腫脹を防ぐことと腫脹の軽減を図ることが目的です。
損傷部位を心臓より高く挙げるようにします。

この応急処置法は早期復帰に欠かせないものです。

応急処置を怠ったり、不適切な処置を行うと復帰までに時間がかかります。

RICE処置は骨折を疑う症状や捻挫、打撲、肉離れなどの四肢のケガに行う処置です。

意識消失、ショック、頭・頚・背部の外傷や大量出血、著明な変形など、重症な時はただちに救急車やドクターを呼び、むやみに動かさないようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

新しいブログ記事

カテゴリ

当院のご案内
INFORMATION

診療時間

午前 8:45~12:00
午後 15:00~20:00

土曜

午前 8:45~12:00
午後 14:00~18:00

ママさんの時間

12:00~15:00

詳しくはこちら

定休日

毎週日曜・祝日
水曜日は午前のみ診療
土曜日 臨時休業あり

お問い合わせ

営業日カレンダー
CALENDAR

臨時休業やピラティス教室などのスケジュールはこちらをご確認下さい。

PAGE TOP